オーダーは細かいところを指定可能

封筒と企業

別製品コストは紙、サイズ、印刷加工など要素により価格が違って、一枚の原紙から封筒がいくつとれるかにより必要な紙量が変わります。
そして、封筒は企業の顔であり単なる書類入れでなく企業の特性、独自性を発信するメディアの一つで位置づけられます。

封筒加工は、一つは封筒メーカーの封筒で既製品を利用し印刷するのと、デザインや印刷その他の加工工程すべて独自に計画し製品を仕上げるオーダーという方法
オーダーのメリットですが紙の仕入れ、最終的仕上に至るまで加工を自由に行えて、優れたデザイン性を実現したければ最適です。
また比較低費用頻度高いマット系容姿、コート系用紙はもとより独自の手触りのエンボス紙のカラフルな色数の色上質紙など
印刷、加工プラン次第でいろいろな種類の用紙を使えます。
オリジナル封筒は、みなさんが希望する封筒をオーダーメイドで作れますが、サイズから素材まで自由に選択できて、内容物に応じた適切な封筒を予算に合わせ提案。
そして、大量生産することで大幅に単価が押さえられて、dmを大量に使うときやファッションバッグなど多く使うときに1回の発注する量を憶することにより
1枚当たりの費用を抑えられます。
そして透明封筒に会社名を印刷してくれる業者は多数あるので利用したければ探しましょう。
ですが、透明封筒に印刷してもらうために注文数、サイズ、ロゴなど必要となり、しっかり用意することです。

名刺作成は専門業者に依頼してデザインを指定できたりレイアウトを考えたりすることが可能です。
そして大きな企業は大抵封筒に自社の名前、支店名など情報が記載されてるものを活用しますが、
小規模な企業、個人事業者なら市販されてるものを利用したりシールを張ってみるなど工夫をして利用される人が多いです。

関連ページ