オーダーは細かいところを指定可能

封筒 テンプレートとオーダーメイドそれぞれのメリットについて

封筒は企業の顔ですが単に書類入れでなく企業の特性、独自性を発信するメディアの一つで位置づけられています。
いち早く認識され親しまれる個性的封筒づくりを考えた場合にはオーダーメイドの方法へ至るのは必然です。
そして加工は大きく分け2種類あって、一つは
封筒メーカーの封筒すなわち既製品を使って印刷をする方法で、
もう一つは
デザイン・紙の調達や印刷などすべて独自計画し製品を仕上げるオーダーの方法
また封筒サイズは封筒メーカーの規格サイズに妥協し、選んだ封筒にインク通す時加えを最低10ミリ確保しなくてはならず、全面印刷は不可能。
印刷色数、印字スペースに対しある程度リミット設定されることがかなりあって、広範囲のべた刷りは極めて苦手な作業。
そうした制約を経て加工された仕上がりは物足りなさがあります。

紙の仕入れから仕上に至るまで加工自由に行えるオーダーメイドは優れたデザイン性を表現しようとしたときには最適な方法
ほかの封筒に紛れがちなdmもオーダー制作ならクオリティ高く好印象な封筒に仕上げられます。
そして、割と使用頻度高いマット系用紙、コート系用紙はもとより独自手触りのエンボス紙のカラフルな色数の色上質紙など印刷プラン次第で特徴的な用紙を使えます。
そして、既製品封筒への印刷はロス防止のため印字スペースにある程度制限が掛けられるのですが、オーダーメイドの制作はそうしたことがなくて、
既製品封筒への印刷と異なってオーダーメイド封筒は展開図の状態から印刷機へ通します。
そしてコーポレートカラーを封筒全体に印刷し存在感を際立たせられますし、窓付き封筒の内側面に独自キャッチコピーを印刷して
好感度アップさせられる演出を具現化することもできたりします。



そしてオーダーメイド封筒はサイズを自由に指定できて封入する用紙にぴったりフィットした封筒に仕上げられて結果封入作業、事務作業の効率化に役立てます
窓付き封筒を企画するときハート形以外に通常封筒と異なった窓を設けることができて、窓の抜き位置も割と自由に決められて表面にpp貼りをすることが可能で
、撥水力があって、汚れが付きにくい封筒に仕上げられるのもオーダーの魅力です。
oppの特徴ですが、透明であること、中が汚れにくいことで、商品パッケ―j、ダイレクトメールの透明封筒などがあり、
opp袋はホームセンターなど店頭購入できますが、サイズそろってないことも。
大きいサイズ購入してカットしたり待ち部分を自分で作ったりもできますが、一枚の単価が高かったり一度に大量に作ることは難しく、
こうしたときopp袋専門店を利用してみるメリットがあり、取り扱ってるサイズが豊富でマチ付き袋もあって、オーダーメイドで作ることも可能。
また、この特徴はまだあって印刷できることが挙げられて、印刷と言っても家庭用プリンターなどで印刷できず、
自分でoppに装飾するときはスタンプを押したりシールを貼ることぐらいしかできませんが、専門店は、白色印刷したうえにデザインをオフセット印刷できたりします。

中が見える窓付き封筒は複数の利点がありますが、封筒の一部を切り抜いて、そこにセロハンを張りなかが見えるようにしたのが窓付き封筒
窓は基本封筒の左上、上部に設置されて、一つ以外に二つ以上窓を付けられます。
そして封筒の中が見えるようになっていて、宛名ラベルの必要がなく、あて名、中身の入れ間違いを防げます。
そして既製品の窓付き封筒で希望の仕様がなければオーダーで作れます。
また窓の形もオリジナルでできて、車関係の職業なら車の形にといったこともできます。

封筒印刷

封筒 (サイズ・テンプレート・チケット封筒・長3封筒・角2封筒・窓付き封筒)

紙袋・手提げ袋